韓国の聯合ニュースは10日、中国政府が国連教育科学文化機(ユネスコ)の記憶遺産に旧日本軍の従軍慰安婦に関する資料の登録申請を行ったと報じた。

 複数の韓国メディアによると、韓国外務省の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は同日の定例会見で、中国側が単独で慰安婦資料をユネスコに申請したことについて「知っている」と発言。韓国が進める慰安婦資料の登録申請とは別の事案だと話した。

 中国と共助する可能性について問われると、魯報道官は「歴史問題は各国の立場に沿って推進するもの」だとし、「事案が似ていれば以心伝心で皆が考えることにつながるのではないか」と述べた。

 韓国メディアによると、中国外務省は「今回の申請は中国が単独で行ったもの」だとし、「関連する歴史的な資料はすべて中国国内で発掘され、整理されたもの」と話した。

 一方、韓国政府は女性家族省が主導し、韓国や中国、東南アジアに散らばる慰安婦関連資料を集め、来年にもユネスコに申請する方案を検討している。(編集担当:新川悠)