中国中央政府・国務院新聞弁公室(報道事務室)は10日「香港特別行政区における『一国二制度』の実践」と題する白書を発表した。同白書は、150年以上にわたり英国の植民地統治を受けていた香港は1997年に中国に戻ってきて以来、民主的政治制度が順を追って安定して発展してきたと主張した。ただし香港では、「近年になり中国の圧力が増大している」とみなす人も多くなったという現実がある。香港では言論の自由が保障されているはず・・・・

続きを読む