中国メディアの環球網は3日、米海軍の原子力空母「ジョージ・ワシントン」が5月30日から31日にかけて、日本の南部海域で艦載機の離着艦訓練を行ったと報じ、「E-2C早期警戒機の尾翼部分に旭日旗が描かれていたとして注目を集めている」と伝えた。

 中国の複数のメディアが「米国海軍太平洋艦隊が公表した写真」と伝えた画像を見る限りでは、E-2C早期警戒機の水平尾翼が白く塗られ、その中心から放射状の・・・・

続きを読む