中国で、教育分野にも「腐敗現象」が蔓延していることが、明らかになりはじめた。5月には、各地の大学の責任者の取り調べが相次いだ。

 中国共産党湖南省委員会紀律委員会は5月6日、同省長沙市に本部を置く中南大学の胡鉄輝元副学長を、紀律違反で取り調べていることを明らかにした。胡副学長は1951年生まれ。湖南医科大学附属病院院長や同大学の共産党委員会副書記などを務めた後、2000年4月から11年1・・・・

続きを読む