韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、救出活動に失敗したとして組織解体が発表された海洋警察庁が、各方面で肩身の狭い思いをしていることが分かった。複数の韓国メディアが23日、報じた。

 報道によると、全羅南道・莞島(ワンド)海洋警察署のある派出所では、職員が飲食店にデリバリーを注文したところ、海洋警察であることを理由に配達を拒否された。飲食店の店員は電話口で「お前は飯を食う資格がない。配達しな・・・・

続きを読む