韓国の全羅南道長城の孝愛療養病院で火災が発生し、認知症を患っている高齢者など患者20人と看護補助者1人が死亡、7人が負傷する大惨事が発生した。複数の韓国メディアが報じた。

 28日午前0時30分ごろ孝愛病院別館2階で火災が発生し、当時別館には看護助手1名、70-80代の患者34人の計35人がいた。

 報道によれば、消防隊員が火災発生の4分後に出動、2分後に火災を鎮圧し・・・・

続きを読む