中国の経済誌「中国経済週間」は26日付で、経済における中越関係を特集記事を発表した。中国は10年連続でベトナムにとって最大の貿易相手国だが、ベトナム市場における中国ブランドの伸びが順調とはかぎらない。典型的なのがオートバイで、一時はベトナム市場を席巻した中国ブランドのバイクは、中国企業間の過当な価格競争などで自滅。現在は「日本のバイクの天下」という。

 ベトナムが世界貿易機関(WTO)に・・・・

続きを読む