台湾の民主進歩党(民進党)が25日に実施した第15代の主席(党首)選挙で、次期主席に蔡英文氏が決まった。台湾では2016年に総統選が行われるが、現職の馬英九・国民党政権の支持率が低迷を続けていることから、台湾にとって2人目の非国民党総統、初めての女性総統が誕生する可能性が、改めて出てきた。

 民進党内では、現職の蘇貞昌主席と謝長廷元主席(元首相)の対立で、主席選挙の行方が混沌としていた。・・・・

続きを読む