イタリア中部のトスカーナ州プラート市で18日、中国人が経営する企業で火災が発生した。同火災では煙を吸ったなどで2人が病院に搬送された。同市では2013年12月にも中国人が経営する工場で火災が発生し、中国人7人が死亡し、3人が重傷を負った。現地当局は中国人が経営する企業の安全検査に力を入れているが、在住する中国人の多くは「行政側に中国人に対する差別意識がある」と反発しているという。中国新聞社が報じた。 <・・・・

続きを読む