韓国の珍島(チンド)沖の旅客船「セウォル号」沈没事故で、仁川地検は14日、セウォル号の運航会社「清海鎮(チョンへジン)海運」の実質的なオーナーとされる兪炳彦(ユ・ビョンオン)セモグループ元会長(73)の長男、大均(テギュン)氏(44)をA級指名手配した。複数の韓国メディアが報じた。

 検察は、12日に出頭するよう要請したが大均氏は応じなかった。A級指名手配は逮捕状(または拘束状)が発布さ・・・・

続きを読む