中国の王毅外相は14日、インドネシアのマルティ外相と電話会談した。王外相はベトナムの間で起きた南海をめぐる衝突についてベトナムを非難。中国側に対する「妨害活動と野蛮な衝突が情勢を緊張させた原因だ」と述べた上で、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国の冷静な対応を求めた。マルティ外相は9日時点で、「インドネシアは中国に失望した」などと述べていたが、王外相との電話会談では自国の立場を中立と説明したという。 <・・・・

続きを読む