韓国の珍島(チンド)沖で発生した旅客船「セウォル号」の沈没事故は、14日で発生から29日目を迎えた。事故現場では今も必死の捜索活動が行われているが、韓国メディアによると沈没したセウォル号の船体が崩壊の危機にあるという。中国新聞社が14日付で報じた。

 事故現場では現在、官民軍によって行方不明者の捜索が行われており、13日は18人のダイバーが船内の捜索活動を展開した。3階の船尾のほか、4階の船首と船尾、5階の操舵室などを捜索したものの、発見された行方不明者は1人にとどまった。

 4月16日午前の沈没事故発生から5月14日で29日目を迎え、13日までの犠牲者数は276人となり、行方不明者は残り28人となった。乗客数476人のうち同事故による生存者は172人にとどまっている。

 韓国メディアによれば、事故現場では潮の流れが強く、また、29日間も海中に沈んでいるためか、セウォル号の船体が崩壊する危険性が出てきており、今後の捜索活動に大きな影響を及ぼしかねない状況となっている。(編集担当:村山健二)