中国メディアの環球網は9日、「韓国メディアが旅客船セウォル号の沈没事故で高まった韓国国民の不満を中国に向けさせようとしている」と主張し、韓国メディアの報道内容を批判する記事を掲載した。

 韓国メディアによれば、韓国黒山島から北西に65キロメートルの海上で8日午前、中国漁船が確認された。中国漁船は漁を行うことができる許可証を掲げていたというが、韓国メディアは「許可証は偽物の可能性が高く、取り締まりの対象」と伝えた。

 一方で、「当該海域の取り締まりを行う木浦海洋警察は全力でセウォル号の捜索活動にあたっているため、中国漁船を取り締まることができなかった」と報じた。

 環球網によれば、韓国メディアは9日に「セウォル号沈没事故によって海上監視や取り締まりの人手が不足していることに乗じて、中国漁船が漁場を占領する」などと報じたという。

 環球網は韓国メディアの報道内容について、「セウォル号の沈没事故と故意に結びつけようとする意図があった」、「わが漁船員が韓国の窮地につけ込み、漁場を占領しようとしていると喧伝することで、セウォル号の沈没事故で高まった韓国国民の不満をわが国に向けようとしている」などと批判した。(編集担当:村山健二)