新疆ウイグル自治区アクス市(漢字表記は阿克蘇市)で8日午後1時20分ごろ、警察官が自動車に乗り組んでいる人物に対して取り締まりを実施したところ、乗り組んでいた側が刃物をふるったり爆発物を投げるなどで抵抗した。警察側の発砲で、抵抗した側の1人が死亡した。新疆ウイグル自治区の共産党・政府系情報サイトの天山網が報じ、中国の各メディアが転載した。

 中国側報道によると、一般人からの通報により、警察が「疑いある車両に対して取り調べを行おう」としたところ、「容疑者が突然、刃物で警察官に襲いかかった」という。容疑者側はさらに、パトロールカーに爆発物を投げつけた。

 警察側は発砲し、容疑者1人が死亡した。1人は身柄を拘束された。警察官も1人が重傷を負った。

 「容疑」の具体的内容については伝えられていない。自動車に乗っていた人数や性別も不明だ。記事は最後の部分で「今のところ、現地の社会秩序は正常」と伝えた。(編集担当:如月隼人)