華東理工大学と同済大学、清華大学の所属機関が共同で作成し、このほど発表した研究報告によると、中国各地の川や湖などの地表水を調べたところ、抗生物質やホルモン剤など医薬成分158種が検出された。主たる汚染源についてはさまざまな考えがあるが、淡水における養殖漁業における大量使用を指摘する声がある。多種にわたる薬物の人体などへの影響については科学的にも解明されていない。中国は「環境汚染のツケ」を抱え込み、ためつつあ・・・・

続きを読む