中国共産党中央紀律委員会と中国政府・監察部は29日、共産党四川省委員会の副書記だった李春城氏について「事件の容疑者」としての取り調べを始めたことを明らかにした。容疑として、「職務上の立場を利用して他人のために便宜を図り、巨額の賄賂を受け取った」などの他に、「職権を乱用して封建的迷信活動を行った」を挙げた。不正行為による官僚の摘発時に「迷信」が加えられるのは珍しい。

 李氏は不正の疑いで、・・・・

続きを読む