中国最高人民法院(最高裁)審判監督庭の宮鳴庭長は中国中央電視台(中国中央テレビ、CCTV)の取材に応え、中国の司法体系にある問題点として「権力者、裕福な人は(有罪)判決を受けた後の刑期短縮がやや早く決まる」などの問題があると述べた。同発言は29日放送の中央電視台の時事番組「焦点探訪」で紹介された。

 審判監督庭とは、中国の各裁判所に設けられている組織で、判決が確定した後に、妥当性などにつ・・・・

続きを読む