韓国メディアによれば、韓国・珍島(チンド)沖で沈没した旅客船「セウォル号」の運営会社の実質的なオーナー、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏がこのほど、事故発生後として初めて自らの立場を表明し、「100億ウォン(約10億円)を義援金として寄付する意思がある」とした。人民網が27日伝えた。

 兪炳彦氏の弁護士は「兪炳彦氏の個人資産は100億ウォン(約10億円)程度」と明かし、今回の事故について「兪炳・・・・

続きを読む