韓国船沈没事故を受け、行方不明の家族が集まる珍島(チンド)室内体育館前でボランティア活動をしていた「ケバブ屋台」が、家族から「雰囲気が合わない」などと抗議を受け撤収した。複数の韓国メディアが報じた。

 ケバブ料理人のトルコ人と韓国のボランティア団体は24日午前、家族らにケバブを振る舞うため体育館前で店を開いた。店の前には「セウォル号沈没事故で犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。行方不・・・・

続きを読む