韓国南西部の珍島沖で16日、修学旅行中の高校生らが乗った旅客船「セウォル号」が沈没する事故が発生した。韓国メディアによると、セウォル号の船長や船員が乗客よりも先に避難し、救命ボートに乗っていたという。中国網が伝えた。

 報道によれば、事故発生後、船の構造を熟知しているはずの船長や船員は大多数の乗客よりも先に救命ボートに乗り脱出した。死亡が確認された22歳の女性船員は、乗客の避難を誘導し続・・・・

続きを読む