中国では「人口爆発」防止のため、重要国策として厳しい産児制限、いわゆる一人っ子政策を続けてきた。すると、90年代末ごろから、医療機関で胎児の性別を判定してもらい、女児と分かったとたんに人工中絶する例が極めて多くなった。男児出産を望むためだ。結果として男児の出生が女児に比べて以上に増加した。中国政府は遺伝病の可能性がある場合を除く、胎児の性別判定を厳禁。すると最近は、香港に血液を郵送して判別を依頼する夫婦が急・・・・

続きを読む