在沖縄米軍のトップのウィスラー第3海兵遠征軍司令官が11日、尖閣諸島を占拠されても「奪還するようにとの命令があれば、実行できる」、「脅威を除去するために、兵士を上陸させる必要すらないかもしれない」と語ったことに対して、中国紙・環球時報は「狂った発言」などと罵倒(ばとう)する一方で、「中国が先に上陸することはない」との考えを紹介した。

 米軍関係紙・星条旗が、ウィスラー司令官が11日にワシ・・・・

続きを読む