台湾立法院(国会)の王金平院長(議長)は6日、大陸とのサービス貿易協定成立に反対して立法院議場の占拠を続ける学生らに向け、大陸との協定を監督する法律が成立する前に、サービス貿易協定に関連する党団会議を開催しないと述べた。所属する国民党の方針とは異り、党内では「事前に知らされていなかった」と驚き、困惑する声が出た。王院長は国民党の「大物政治家」だが、馬英九総統(党主席)とは厳しく対立している。
<・・・・

続きを読む