韓国教育部は30日、小・中・高校の社会科で使われている教科書(社会、歴史、韓国史、東アジア史、韓国地理など)の竹島(韓国名:独島)に関する記述に、292カ所の間違いがあったとして修正・補完したことを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 今回修正したのは、中学校の教科書が174カ所、高校が117カ所、小学校が1カ所だった。同部は竹島に関する情報を統一させるため、各学校に「教科用図書の独島関連内容の修正・補完対照表」を配布している。

 ある中学校の教科書には竹島での居住について「1981年から生活を始めた」と記されていたが、「1965年に初めて民間人が独島で生活を始め、1981年に住民登録を独島に移して独島住民となった」に変更された。別の中学校教科書は、竹島を「人が住んでいない」島と表記していたことから「人の居住が少ない」に改められた。

 竹島に「領土問題は存在しない」とする韓国政府の指針に従い、「独島問題」を「独島領有権に対する日本の強引な主張」へと変更した教科書もある。

 領有権についても、「1948年に韓国政府が樹立してから現在まで韓国が支配している」から、「これまで韓国が領有している」に変更したり、「最近は独島が韓国固有の領土であることをより明確にしている」との記述を削除して、韓国領であることを強調させた。(編集担当:新川悠)(イメージ写真提供:123RF)