在オーストラリア日本大使館は、同国で韓国系と中国系の移民コミュニティが、旧日本軍に強制動員されたとする従軍慰安婦の被害を象徴する「慰安婦少女像」の建設を推進していることに反対する考えを表明した。豪紙・シドニーモーニングヘラルドが1日付で報道した。複数の韓国メディアが同記事を引用して報じた。

 シドニーモーニングヘラルドによると、日本政府の見解を代弁する在オーストラリア日本大使館が、シドニーの中韓系移民コミュニティがシドニーの主要な地域に「慰安婦少女像」を建設しようとすることは不適切であると表明した。

 日本大使館の報道官は、「日本政府の立場は、歴史的問題を政治問題・・・・

続きを読む