中国政府・国防部は3月31日、中国人民解放軍軍事検察院は同軍総後勤部の副部長だった谷俊山中将を収賄、公金横領、職権乱用の疑いにより同日付で、軍事法院(裁判所)に起訴したと発表した。国防部は同日、公式サイトに「関係する内容が軍事機密に関係するため、裁判は非公開になる可能性がある」とする論評を掲載した。

 谷被告は1956年生まれ。装備など各種物資の調達、生活面を含めた将兵の活動維持、施設の・・・・

続きを読む