フィギュアスケートの世界選手権、女子ショートプログラム(SP)が27日、さいたまスーパーアリーナで行われ、浅田真央が歴代世界最高の78.66点で首位スタートを切った。韓国メディアは「キム・ヨナの壁超えた浅田真央」、「キム・ヨナの『不滅の記録』破るか」などと報じ、大きな関心を寄せている。

 浅田は冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を成功させると、その後のジャンプもミスなく滑り切り、自己ベス・・・・

続きを読む