日本維新の会の石原慎太郎共同代表は26日、日本外国特派員協会で記者会見し、「日本による朝鮮の植民地化は自衛のためだった」と発言したと複数の韓国メディアが伝えるとともに、石原氏を「日本を代表する極右政治家」と紹介。発言を「妄言」と非難した。

 報道によると、石原氏は「韓国人の立場からみれば、日本に『併合統治』されたことは屈辱だろうが、当時のアジアの状況を見ると、日本にとっては自衛のため仕方のないことだった」と述べた。

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と中国の習近平国家主席が、オランダのハーグで23日に会談し、歴史認識などについて協力することを確認したことについて、「韓国はあまり興奮しない方が良い。中国に接近してどんな得があるのか」と主張。「日韓関係は日本よりも韓国にとって重要だ」と話した。

 石原氏はこれまで、旧日本軍による諸外国への行為は「侵略じゃない。あの戦争が侵略だと規定することは自虐でしかない」と述べたり、慰安婦について「軍と慰安婦はつきもので歴史の原理」などと発言し、韓国で波紋を広げた。(編集担当:新川悠)(イメージ写真提供:123RF)