フィギュア世界選手権の男子ショートプログラム(SP)が26日に行われ、ソチ五輪の金メダリスト羽生結弦は冒頭の4回転トーループで惜しくも転倒し、91.24点で3位となった。

 羽生は冒頭の4回転トーループで転倒したものの、その後はトリプルアクセルやコンビネーションジャンプをきれいに決め、しっかりと立て直した。

 ソチ五輪で大活躍した羽生は中国にも多くのファンがおり、中国・・・・

続きを読む