中国政府の台湾側との窓口機関である国務院台湾事務弁公室(国台弁)のトップ、張志軍主任の台湾訪問が、不透明になってきた。これまでは6月末まで、最も早ければ4月訪台などとされていた。国台弁の范麗青報道官は24日に「張主任の訪台が、台湾における反サービス貿易協定闘争の影響を受けるのか」との質問を受けた際に否定はできず、力を落とした様子で「26日の定例記者会見で関連する質問に回答します」というのが精いっぱいだったと・・・・

続きを読む