台湾で、馬英九政権が進めてきた中国大陸とのサービス貿易協定の批准に反対して23日夜から24日深夜にかけて行政院(日本の内閣府に相当)の建物に進入して占拠した学生らの“首謀者”として現行犯逮捕された国立清華大学大学院学生の魏揚さん(26歳)が釈放された。警察側は公務執行妨害などの疑いで現行犯逮捕したが、裁判所は25日午前0時づけで「証拠不十分」として釈放を命じた。

 魏さんは24日未明、警・・・・

続きを読む