核安保サミットに出席するためオランダを訪問中の韓国の朴槿恵大統領は23日(現地時間)、中国の習近平国家主席と会談し、中国に建設された朝鮮独立運動家の安重根記念館について「韓中の友好協力関係の良い象徴物になるだろう」と述べた。複数の韓国メディアが報じた。

 習国家主席は、安重根記念館の建設は自身が直接指示したものだと紹介し、「両国の国民感情を強化する重要なきずなになっている」と発言した。

 中国の西安に、旧日本軍に抵抗した韓国光復軍の石碑の設置が進められていることについて、朴大統領が「順調に進んでおり意味深いと考えている」と謝意を述べると、周国家主席は「(石碑が)竣工し除幕したら韓国国民に見に来てほしい」と答えた。(編集担当:新川悠)(写真は「CNSPHOTO」提供。撮影は2013年6月)