中国新聞社は23日付で、米国のモナレックス・ハリウッド・コーポレーションが製作したドキュメント映画「釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)の真相」が24日から中国で上映されると報じた。同作品は「釣魚島が古来から中国領」でるという事実を示すものといいう。製作責任者でもあるクリス・D.ネーベには、チベットの平和解放と発展を賞賛する作品もある。

続きを読む