中国共産党の機関紙・人民日報は14日、日本の右傾化を批判する記事を掲載し、「日本は実際に核兵器を製造する目前にまで迫っており、日本の核兵器製造のたくらみは脅威である」と警鐘を鳴らした。

 人民日報は、米国から提供された兵器級プルトニウム331キログラムの返還を日本の官僚が妨害したことが中国を警戒させたと主張、「日本は憲法で核兵器製造が禁じられているものの、安倍首相の右傾化は不安要素だ」と・・・・

続きを読む