中国メディア・北京青年報は15日、中国国内の1億1000万人が、石油化学、コークス、火力発電などの重点汚染排出企業から1キロメートルの範囲内に居住していることが政府・環境保護部の研究結果から明らかになったと報じた。

 この研究結果は、環境保護部が2011年から1年かけて実施したもので、全国の18歳以上の住民9万1527人をサンプル抽出して調査を行った。

 研究結果では・・・・

続きを読む