台湾メディア・聯合新聞網は14日、台湾が6月に開幕するサッカー・ワールドカップブラジル大会後に初のプロチーム設立を目指していることを報じた。

 記事は、13日に台中市で開幕した日・中・韓の都市サッカー招待試合の様子を紹介。この大会について「若い選手の文化交流のほかに、台湾サッカーが世界につながるスタート地点」との意味合いがあると伝えた。

 そして、台湾体育大学の趙栄瑞教授が「この大会は台中市から評価されている。今年はさらに、台湾初のプロチーム設立することが目標だ」とし、6月のブラジルW杯終了後に「第1回台中国際東アジア都市サッカー招待試合」を開催するとともに、台中代表チームに日本の指導者を招へいする予定であることを明らかにしたと紹介した。

 台湾体育大学は台中市とともに2014年のサッカー発展計画を制定しており、そのなかにはJ2・FC岐阜U-18チーム監督、Jリーグ選抜U-16監督を務めた平田礼次氏を台中チームのコーチに招へいすること、優秀な高校生、大学生選手を東京、長崎、京都などでトレーニングさせること、沖縄で行われる日台国際招待試合にチームを派遣することが含まれているという。

 13日の試合では、地元の恵文高校が立命館宇治高校に1-2で敗れ、台湾体育大学の学生を主体とした台中ユース代表は韓国の陽川FCと2-2で引き分けた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)