国際オリンピック委員会(IOC)は3日、ソチ五輪フィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)の演技を「名場面」に選定した。(写真は「CNSPHOTO」提供)

 同試合ではキム・ヨナが銀メダルを獲得しているが、韓国では不満の声が上がり、採点の見直しを求める署名が行われた。韓国メディアは、IOCが選定した「名場面」に違和感を示し、判定が覆る可能性が低くなったとして抗議が「水の泡」になったと伝えた。

 IOCは動画共有サイト、ユーチューブの公式チャンネルに、フィギュア女子シングルの名場面として、「ソトニコワの金メダルの演技(Sotnikova’s Gold Medal Winning Performance)」と題した動画を公開した。

 IOCは同チャンネルに種目別の「名場面」を掲載しており、ショートトラック男子で3冠を達成したビクトル・アン(ロシア)、フィギュア男子シングル金メダリストの羽生結弦の動画などを公開している。(編集担当:新川悠)