北京市第二中級人民法院(高等裁判所)の関係者は6日、雇用側が産休中に支払わねばならない女性従業員の給与をカットするなどの違法行為が蔓延(まんえん)しており、裁判になる事例も年を追って増えていることを明らかにした。中国新聞社が報じた。

 中国では早い時期から男女平等ならびに妊娠・出産・育児などに関連した女性保護に力が入れられてきた。社会主義の理念にもとづき、男女がともに労働する社会を目指し・・・・

続きを読む