台湾北部の新北市で1日、小学生が拾った手榴弾(しゅりゅうだん)を消防署に持ち込んだ。居合わせた消防署員は驚愕。ただちに警察などに通報した。消防署員らは全員、建物から退避した。その後、軍の爆発物処理班が手榴弾を回収した。新北報道などが報じた。

 小学生3年生の男の子は、2月28日に「戦争ごっこ」をして遊んでいた。公園近くの道端にあるリサイクル用廃品置き場の近くで手榴弾を見つけたという。 ・・・・

続きを読む