雲南省昆明市の昆明駅広場で1日夜、無差別切りつけ事件が発生し、少なくとも29人が死亡した。中国メディア・中国新聞社は2日、現地政府が「新疆独立勢力によるテロ」と断定したことを報じた。

 記事は、現地時間1日午後9時ごろ、昆明駅広場で切りつけ事件が発生し、同2日午前6時現在で29人が死亡、130人あまりが負傷したと伝えた。また、警察官によって容疑者4人が射殺され、1人が身柄を拘束されたとした。

 この事件について昆明市新聞弁公室は「事件現場の証拠から、新疆分裂勢力が画策した重大な暴力テロ事件だ」とコメント。事件の発生をうけて、孟建中・共産党中央政治局委員、郭声〓・公安相がそれぞれ2日早朝に現地に到着し、事後処理の指揮に就いた。(〓は王へんに昆)

 中国共産党機関紙・人民日報は2日付の1面で事件の発生を伝えるとともに、習近平国家主席や李克強首相が事件の解決や事後処理についてそれぞれ指示を出したことを報じた。さらに、党、政府が厳しい態度でテロに立ち向かうことで、人民の安全を守るよう呼びかける評論記事を併せて掲載した。(編集担当:今関忠馬)