中国共産党機関紙、人民日報系のミニブログサイトが27日、靖国神社に合祀されているA級戦犯14人を「狙撃する」というゲーム「打鬼子」の提供を開始した。「ゲームという形で楽しみながら日本の戦争犯罪について知り、歴史を心に刻んで平和を愛する気持ちを持ってもらう」ことがコンセプトだという。(編集担当:古川弥生)(写真は「CNSPHOTO」提供)