中国メディア・中国青年報は26日、少子高齢化の影響で日本の人口が100年後に3分の2減少すると日本政府が試算し、海外からの移民受け入れについて討論を行ったと報じた。

 記事は、日本の内閣府が24日に発表したデータによると、出生率が増加する前提で100年後の人口を1億人に保つためには毎年20万人の移民を受け入れることになり、何も措置を取らなければ2110年には4286万人まで減少すると紹介・・・・

続きを読む