中国メディアは25日、日本のモンスターアイドル『彭薇薇(パンウェイウェイ)』がツイッター上でジャニーズファンと思われるユーザーからの執拗なツイートを繰り返され、困惑しているようだと報じている。

 この『彭薇薇(パンウェイウェイ)』、実は「きゃりーぱみゅぱみゅ」のことだ。

 漢字を使用しない外国人の名前に対して、例えば音を似せて「マリリン・モンロー」を「瑪麗蓮・夢露」としたり、本名にならって「浜崎あゆみ」を「濱崎歩」としたりする方法はすでに一般的だが、一見中華圏の女性の名前にしか見えない漢字のあてられかたをしたケースは珍しい。

 正確な数字は把握できないと言われるほどバリエーションの多い日本の姓に対し、中華圏の姓は漢字一文字の「単姓」がほとんどで、そのうちのたった45種類が全体の70%を占める。

 「彭(パン)」もその45種に入る姓の一つ。「薇(ウェイ)」は野ばらを意味し、この漢字を二つ重ねた、よりかわいらしい響きの「薇薇(ウェイウェイ)」は、女の子の名前としてしばしば見られる比較的メジャーなものだ。

 日本ではその名前のインパクトで注目を集めてブレイクした「きゃりーぱみゅぱみゅ」。中国では逆に、あたかも中華圏のアイドルかのような「ごく普通」な名前に変換されて親しまれているようだ。(編集担当:永井晶子)