中国は2025年に60歳以上の高齢者人口が3億人を超えるとみられいてる。急速な高齢化が進行する一方で、対策は遅れている。経済開発協力機構(OECD)に加盟国は多くの場合、高齢化社会に突入した際の1人当たりのGDPが1万ドルを突破していた。中国では1000ドル程度の状態。国全体が裕福とは言えず、さまざまな準備が整わない状態で高齢化社会を迎える。「長生きをしたら生きていけなくなる」が到来しかねない情勢だ。中国新・・・・

続きを読む