神奈川県大和市にある海自機整備工場の屋根が15日、大雪により陥没し、定期修理中だった海上自衛隊のP3C哨戒機などが被害を受けた事故について、中国の環球時報(電子版)は20日、NHKの報道を引用し、「P3C哨戒機の尾翼部分の被害が大きい」と報じた。

 報道によれば、海自機整備工場にはP3C哨戒機のほか4機の米軍機も格納されていた。報道によれば、大雪により陥没した屋根によって、P3C哨戒機の・・・・

続きを読む