ソチ冬季五輪は19日(日本時間20日未明)、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、日本フィギュアスケート界のエース、浅田真央はミスを連発して16位と大きく出遅れた。複数の韓国メディアが報じた。

 浅田は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、続く3回転フリップも回転不足を取られた。後半のコンビネーションジャンプ(3回転ループ−2回転ループ)も失敗し、得点・・・・

続きを読む