中国空軍は18日、申進科同軍報道官の署名による「空中の安全の維持は社会の共同責任」と題する文章を発表した。文章は、民間航空の発展のために軍は訓練空域457カ所を廃止したと表明した。中国では軍の訓練空域が多く、「訓練実施・民間機の進入禁止」とする突然の通達も珍しくないため、民間機運航の安全確保に支障が出ているとの声があった。

 文章は「飛行管制は空中の秩序を有効に維持し、領空の安全と飛行の・・・・

続きを読む