ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)で史上最高点をマークした羽生結弦(19)について、複数の韓国メディアは14日、才能と容姿を兼ね合わせているため女性ファンから熱い視線を集めていると紹介した。

 羽生は冒頭の4回転トーループを華麗に決めると、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、3回転ルッツ―3回転トーループのコンビネーションジャンプなど課題のジャンプをすべて決め・・・・

続きを読む