駐ザンビア中華人民共和国大使館によると、アフリカ南部のザンビアの首都、ルサカの郊外で現地時間12日未明、中国人労働者が、銃などで武装した4人に襲撃された。同事件で中国人労働者は1人が死亡、6人が負傷した。中国人労働者も反撃し、襲撃側は2人が死亡し、2人が逃走した。現地に滞在している中国人軍医なども自国側負傷者の治療に当たった。

 7人は河南省の採石会社が設立した現地法人、点線科技公司に所・・・・

続きを読む