フィリピンのアキノ大統領は4日付で米ニューヨークタイムズに掲載されたインタビュー記事で、南シナ海で続いている領有権についての争いで、1938年にズデーテン地方のドイツへの割譲を欧州の列強が防げなかったことを例に、南シナ海の領有権問題でフィリピンを支持するよう国際社会訴えた。新華社(英語版)は「フィリピンンの指導者の中国に対する意味のない攻撃は、アマチュア政治屋の臭いがする」と、アキノ大統領を非難した。 ・・・・

続きを読む